オリジナルグッズの制作は個人でもできる!オンリーワンのグッズをもっと手軽に

オリジナルグッズの制作は個人でもできる!オンリーワンのグッズをもっと手軽に

1個からでも気軽にオンリーワンのオリジナルグッズを作れるということ知っていますか?
それでも「時間がかかるでしょ」「数をまとめないとだめでしょ」「企業じゃないと無理でしょ」なんて思っていませんか?実はそんなことありません!
「既製品ではない特別なプレゼントを両親に贈りたい」「自分へのご褒美にマイグラスを作りたい」なんてことも可能です。この記事を読み終わる頃には、これまでのオリジナルグッズのイメージがガラッと変わること間違いなし。オリジナルグッズを作ってみたい、という気持ちになることでしょう。オリジナルグッズを作ることに興味があるという方はぜひご一読下さい。

1.オリジナルグッズ制作は個人でも注文できる

オリジナルグッズ制作は個人でも注文できる

オリジナルグッズというと、企業が大量に数100個、数1000個単位で大量に発注するものというイメージがあるかもしれません。そんなイメージを覆すべく、最近のオリジナルグッズの制作事情についてご紹介していきます。

(1)個人の注文もできるの?
企業や大きなお店が記念品やノベルティとして大量に作るのではなく、個人が自分のアイデアを形にするためにオリジナルグッズを作ることもできます。まさに世界に一つだけのオリジナルアイテムです。手描きのイラスト、自分で撮ったとっておきの写真などを好きなアイテムに転写したり、彫刻することで「作品」ができあがります。

(2)1個からでも作れるの?
数10個単位での注文を受けるというところもありますが、最近は1個からでも作ることができるお店もあります。個人でオンリーワンのアイテムを作りたいという場合には1個からでも作れるお店を選びましょう。

(3)時間がかかるのでは?
オリジナルグッズを作るには、見積もり作成から始まって、デザインの入稿、試作品の作成、確認…となにかと段取りが多そうで1ヶ月以上かかりそうなイメージがあるのではないでしょうか。そんなことはありません!個人向けのオリジナルグッズのお店によっては1週間以内でできあがる、というところも少なくありません。当店でも最短で5日後に出荷いたします。

(4)品質にもこだわりたい
大量に製作する記念品やノベルティは、気軽にお手軽価格でつくることができる反面、品質は二の次と思っていませんか。店舗が銀行などでもらう記念品やノベルティは消耗品という意味合いも強いため、品質に関しては期待されていない部分もあります。でも自分でつくるオリジナルグッズはこだわって作りたいというのが本音ではないでしょうか。本当に愛着をもって使えるようなアイテムを作りたいですよね。当店の商品ラインナップは上質なアイテムを厳選しているので、長く愛用してもらうことができますよ。

2.オリジナルグッズを制作するときの注意点

オリジナルグッズを制作するときの注意点

自分のイメージするオリジナルグッズを制作するために、注意したいポイントが3つあります。ぜひ確認しておきましょう。

(1)知的財産権には注意が必要
オリジナルグッズが著作権侵害にならないようにしましょう。アニメやゲームのキャラクターを模して作ったり、ブランドのロゴも使ったりするのは避けましょう。あくまで自分が考えたアイデアを形にしましょう。

(2)デザインのイメージ確認で納得の仕上がりに
いざ商品が出来上がってみると、「あれ、思ったのと違う…」なんてことになるのは残念ですよね。そのために、出来上がりイメージを確認できるお店で作るようにしましょう。確認でき、修正や微調整ができれば、納得のオリジナルグッズができるはずです。そういった手間を惜しまず対応してくれるお店選びも重要なポイントです。

(3)デザインデータの入稿方法も確認しよう
デザインデータの入稿方法は様々です。お店によっても異なりますので、使いやすい方法があるお店を選ぶとよいでしょう。
当店の入稿方法は次の3通りがあります。参考にチェックしてみて下さい。
・WEB入稿フォームから入稿
・FAXで手書き原稿を送信して入稿
・郵送で直接原稿を送って入稿

3.まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。個人でも1個からでもオリジナルグッズが作れることおわかり頂けたでしょうか。ぜひ当店のオリジナルグッズのラインナップのぞいてみてください。アイテムの品質にも自信があります。長く愛用できるオリジナルグッズを作ることができますよ。あなたにぴったりのオリジナルグッズ制作のイメージが広がることでしょう!